目白台運動公園の”成り立ち”

目白台運動公園の脇を歩きました。日曜日の午後で、多くの親子が遊び・くつろいでいました。この公園がこのように緑豊かな区立の公園にすることができたのは、小竹ひろ子さんの大いなる尽力があったからです。ちょっと歴史をひも解いてみました。

国家公務員共済グラウンド(KKR)3万屬魘茲吠Гげ爾欧襪茲Φ瓩瓩訝楼茲粒Г気鵑留親阿大きく広がりました。しかし、購入するためには莫大な費用となることで区が消極的だったことから、小竹さんが”調査・研究”した結果、「都市計画公園にして、防災広場とすれば国や東京都から補助金が出て、区の負担はわずかで取得できる」と提案したことが実を結び、2009年目白台運動公園がオープンしたのです。

uiuaaeceeoyyoyyciucoaaeaeoa-021.JPG

Comments are closed.