Archive for 7月, 2011

「原発での被爆者を生むなの」の平和大行進に参加しました。

土曜日, 7月 30th, 2011

核兵器廃絶に向けて1歩でも2歩でも、ご一緒にと呼びかけながら、「2011年原水爆禁止国民平和大行進」に何年振りかで参加しました。私が歩いたのは、後楽公園から東京の終着点である上野公園内の下町資料館前までのわずか2.5劼任靴燭、昨年までの取り組み内容に加えて今年は原発被爆者を出すなということで、シュピレヒコールでは、ノーモア広島、ノーモア長崎とノーモア原発被爆者でした。原発事故による新たな被爆者を生まないためにも、原発からのすみやかな撤退と自然エネルギーへの転換をと、沿道の皆さんに訴えました。今年は、長崎での原水禁大会に夫が初参加するので、私も一緒に行ってきます。佐世保基地の見学も予定しています。

 

aenaconceiaoe-003.JPG

 

共産党区議団で、放射線量を独自に測定しました

土曜日, 7月 23rd, 2011

文京区では、区民の声と私たち区議団の再三の申し入れや議会論戦を通じて放射線量の測定が始まりましたが、区議団としても独自に放射線量の測定をしました。7月22日、目白台運動公園、教育の森公園、小石川植物園、六義公園、須藤公園、コーポ根津清水脇公園で砂場、芝生の上、落ち葉の集まったところ、広場の隅など地上5僉■毅悪僉■隠蹐涼賄世修譴召譯隠芦鵑困跳彗しました。雨で洗い流されてしまっていることもありますが、それでも瞬間的には0.26を超える数値が出るなど不安はぬぐいきれません。 放射性セシウムに汚染された稲わらを食べた肉牛から暫定規制値を超えるセシウムが検出され、新たな放射能汚染が広がっています。  わが党の志位和夫委員長が、「原発事故は、ひとたび起きたら、被害を『空間的』『時間的』『社会的』に限定することが不可能な事故であり、このような事故は他に類を見ることはできません。これは、飛行機事故・自動車事故にも見られない、まさに『異質の危険』と言わなければなりません」と述べているように、今こそ、原発からのすみやかな撤退、自然エネルギーの本格的導入へと踏み出す時が来ています。  7月22日(金)13:20〜16:20測定結果     
                                          地上     1m   50   5       落ち葉
六義公園                       本駒込    0.08  0.09   0.09  
 入り口植込み横                         0.11  0.13   0.26  
小石川植物園               白山        0.12  0.14   0.18  
 水飲み場(大理石)                    0.18    
教育の森公園               大塚        0.08  0.08   0.09        0.16
目白台運動公園           目白台    0.08  0.10   0.10        0.12
須藤公園                       千駄木    0.09  0.11   0.11        0.15
コーポ根津清水脇公園 根津       0.10  0.12   0.14  
uasseiaceuiathiiaae-013.JPGuasseiaceuiathiiaae-045.JPG

この暑さ、いつまで続くのでしょう

月曜日, 7月 18th, 2011

強烈な暑さが続いています。わが家では、ねこの熱中症対策として今夏初めて、日中〜夕方過ぎまでクーラーをつけています。病院にかかる費用と比較したら電気代の方が安くなるかなと、また口が半開きになって呼吸が荒くなり、苦しむ辛さを考えてのことです。8月末には15歳を迎える老齢ねこですから、この夏を乗り切れるかどうかの心配も出てきました。

17日は、恒例の第21回礫南夏祭りでした。私が参加を始めてまだ8回にすぎませんが、役員さんの話では1町会だけでしょぼしょぼやるより、範囲を広げて大勢でやる方が、参加する人もスタッフとしてやる方も元気が出るからということで始まったそうです。若いお父さんお母さんのスタッフが年々増えて、最初から関わった人たちもやりがいがあるとおっしゃっていました。私は最初から焼きそば係で、キャベツ切から始まってパック詰めと、約750食完売しました。作る側は、テントのないかんかん照りの中で本当にご苦労様でした。暑くないと気分は盛り上がりませんが、それにしても今年は今までにない暑さでした。子どもたちの水遊びに、大人たちも入りたーいと思った人たちもいっぱいでした。

aethicuasseiacaeecc-031.JPGaethicuasseiacaeecc-028.JPG

区民の声と、私たちの再三の申し入れが区を動かしました。

火曜日, 7月 12th, 2011

放射線量測定に区が重い腰を上げました。

7月4日、「放射能から子どもを守る文京ネットワーク」がインターネット等も活用し、呼びかけていた、「文京の子どもたちを放射能から守るための嘆願署名」7,005筆が区長へ提出されました。広報課によると、要望項目ごとに回答を作成し、提出者へ届ける準備をしているとのことです。区独自の放射線量測定は、こうした区民の声と党区議団の再三の申し入れを通じて、1日にはすべての区立保育園・幼稚園・小中学校(57園・校)で、7日には私立幼稚園・保育園18園で実施され、結果が公表されました。(区ホームページ参照)今後は、区内を2劵瓮奪轡紊砲掘△修涼罎之兮海靴涜定できる公園等を選択して4か所での定点観測を行い、東京大学の測定データと合わせて、毎月「文京区内の放射線量」として、ホームページ等に掲載して知らせるとのことです。今日時点で4か所は明らかになっていません。これからも、区民の放射能への不安にこたえる取り組みが重要であり、引き続き区へ働きかけていきます。明日は、そのことも含め区長に要望書を提出します。

暑い季節が早まって、もう熱中症の症状が出てきたねこたちです。

 

adhaueydhyaacadhaiaeicaiacaiecccyyyey-016.JPG