Archive for 6月, 2013

次は参院選、躍進にむけて引き続きご支援を

水曜日, 6月 26th, 2013

小竹ひろ子さん当選の知らせが来たのは、午後10時半近くでした。急いでタクシーを飛ばして選挙事務所に駆けつけ喜び合いました。ご近所から「子どもが寝ているので静かにしてください」のご注意で、声を忍ばせての万歳となりました。(写真) 昨日は、区内を一巡して選挙結果の報告を行いましたが、本当に皆さんが喜んでくださっていることを肌で感じた一日でした。今日は参院選に向けての決意を固めあう会議もあり、小池あきら比例候補、吉良よし子東京選挙区候補の決意表明があり、あらためてがんばろうの思いが高まりました。

dsc_5006.jpg

小竹ひろ子都議3たび歩みだす。

月曜日, 6月 24th, 2013

定数2人を4人(自・民現職、維新)で争う熾烈な選挙戦でしたが、雌伏4年皆様の”何としても、今度こそ”の思いが一つになって小竹ひろ子さんついに都議会へ押し上げることができまして、本当によかったです。文京の2人区での議席奪還に加え、豊島・品川でも8年ぶりの議席獲得など日本共産党は、改選前の8議席から一気に倍増以上の17議席となりました。11議席以上で議案提案権を行使できるようになり、これから公約実現に向けて大いにがんばってもらいたいし、私たち区議団も一緒になって取り組んでいきます。投票日当日の東京新聞は、「安心して子どもを育て、長い人生を豊かに送る。お金の使い道を決めるのは、もちろん都民自身。都議選はそのためにある」と言っています。まさに、わが党が目指す方向とも重なっています。東京の豊かな財源を、1m1億円の道路建設につぎ込むのではなく、認可保育園・特養ホーム増設など、安心してくらせる東京にするため都政に関心を向けていただきたいと思います。そして、ご自分が投票した議員の都議会での仕事ぶりも、注視してほしいと思います。今日、市田書記局長が、「勝って兜の緒を締めよ」と言っていましたが、こんなうれしい言葉が共産党から出たのは何年ぶりでしょう。とにかく、国政(参議院)選挙で勝たないとには、本物の勝利になりません。

aouaaoiao-022.JPG

目白台運動公園の”成り立ち”

月曜日, 6月 3rd, 2013

目白台運動公園の脇を歩きました。日曜日の午後で、多くの親子が遊び・くつろいでいました。この公園がこのように緑豊かな区立の公園にすることができたのは、小竹ひろ子さんの大いなる尽力があったからです。ちょっと歴史をひも解いてみました。

国家公務員共済グラウンド(KKR)3万屬魘茲吠Гげ爾欧襪茲Φ瓩瓩訝楼茲粒Г気鵑留親阿大きく広がりました。しかし、購入するためには莫大な費用となることで区が消極的だったことから、小竹さんが”調査・研究”した結果、「都市計画公園にして、防災広場とすれば国や東京都から補助金が出て、区の負担はわずかで取得できる」と提案したことが実を結び、2009年目白台運動公園がオープンしたのです。

uiuaaeceeoyyoyyciucoaaeaeoa-021.JPG